2020年の治療実績

こんにちは。まもなく2020年が終わりますね。今年は新型コロナ一色でした。まだまだ収束の見込みはなく来年もいろいろと制限させられることが多いでしょう。
さて、恒例としている年末のブログはその年を含めた過去の実績をお伝えしています。
今後吉田歯科医院を受診する際の参考にしてください。

セラミック修復物は減少傾向ですね。クラウン、金属製の義歯はまずますの数を維持。保険のCADCAM冠も安定しています。

インプラントは山あり谷ありです。100本までもう少し!!
昨年から口腔外科手術の数もカウント開始。

インプラントは2020年は合計20本でした。都内の先生方と比べると圧倒的貧弱な数字ですが、当院では十分な数です。
昨年から数え始めた口腔外科手術は
①親知らずの抜歯(比較的簡単なケース、横向きに生えてても抜歯可能な場合があります)
②歯周外科手術
③インプラントに関わる手術
④歯根の先を切る手術など様々なケースに対応してきました。
ここでは42件となっていますが、実際①~④+αで年間60~80件近く口腔外科処置を実施しています。

吉田歯科医院では基本的には歯科全般に対応しております。特に外科を伴う症例などは得意としています。。。がそういうのはだいたい難症例なので時間がかかります。また顎関節症や口腔顔面痛にも精通していますので顎まわり顔まわりの痛みで困っている場合は一度相談にいらしてください。
矯正治療や一般開業医では困難な外科治療(口腔がん、上顎洞(耳鼻科領域)炎、親知らずの抜歯(難症例)など)は専門の医療機関を紹介いたします。

セラミックを用いた審美的な修復物や金属床義歯なども専門の歯科技工士さんたちと連携して、その患者さんにとってよいものを提案できる準備があります。

身体の資本となる健康を維持するためには健康な歯が必要だと日々感じます。吉田歯科医院を受診してくださる患者さんたちには良い方向に進むよう引き続きサポートさせていただきます。
今年一年間当院を受診してくれた患者さんたちや仕事に協力してくれるスタッフおよび関係者の皆様に感謝いたします。
来年も引き続きよろしくお願いいたします!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください