骨造成+インプラント治療

こんにちは。副院長の重之です。
当院では地方にいながら都会と同等の治療を受けられるように態勢を整えております。
インプラントなどこれまでは盛岡や仙台、東京へ行かないとできないと思っていた方も多かったのではないでしょうか。

今やホームページなどは当たり前になってきて、患者さんもご自分でいろいろと調べる時代です。
しかし、ホームページだけでは本当にその歯科医院がいいのかどうかは不明です。
当院ではこのブログを通して実施していることなどを紹介しています。
今回も大がかりな骨を増やす手術とインプラント治療を実施した方から
許可をいただいたのでレントゲンで一連の経過を紹介させていただきます。

横からみたところ。歯を抜いた部分が大きく骨(黒く陥没しているところ)が無くなっています。
前からみたところ。同様に歯を抜いたところの骨が大きく陥没しています。この状態ではインプラントは不可能です。
骨を増やす手術後。
骨を増やす手術後。骨がうまくできました。
術前
術後

このケースではインプラント以外では義歯しか選択肢がありませんでした。
まだ若く義歯には抵抗もあったためインプラントを選択されました。

メリット:義歯にならずに済みました。他の歯への負担が減り、残っている歯を守りやすくなったのではないかと考えます。
デメリット:大がかりな手術が必要でした。そして、それに伴う治療期間は長く、治療費は大きくなってしまいました。

当院では患者さんとよく相談して、様々な方法を提示し、それぞれに理解してもらった上で治療を開始しています。
お気軽に相談にいらしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください