絵本の寄付

こんにちは。副院長の重之です。
岩手県一ノ関市で開業していて、地域の子どもたちへの口腔保健活動を熱心にされている熊谷先生が最近自費で絵本を出版されました。
ありがたいことに一冊うちに送っていただきまして、さっそく子どもたちへ読み聞かせてあげました。

私が普段子どものむし歯と接している際に感じていることをストレートにむし歯菌から正義の味方(シカイダーマン)が言われて言葉につまるシーンなどは考えさせられました。
どうやって子どもたちに歯の重要性をわかってもらおうかと歯科健診へ行くたびに考えますが、考えているうちにうやむやになり。。。もっとちゃんとしなきゃ。。。

絵本の表紙

今年は新型コロナウイルス感染症のこともあり小学校や保育園での保健活動は自粛傾向です。
そこで思いついたのがこの絵本の寄付でした。新しい本だし、内容もきっと子どもたちにも喜ばれるものになるだろうと考えてのことでした。
私は横田町と米崎町の保育園、小学校をそれぞれ担当しています。それぞれに一冊ずつ寄付させていただきました。
どちらとは言えませんが、片方のY町の保育園はなかなかやばいと感じています。。。
それなりに歯科受診はあるような印象ですが、むし歯で歯が崩壊してしまっているような歯をもつ子を多数見受けられます。
どうやって介入していくか。今後も継続して課題です。

アマゾンで購入可能です!歯科関係者の方々や子育て中の方、保育関係の方々への歯科保健活動に役立つことでしょう。

まるで偽善事業。。。いやいや慈善事業ですよ!
吉田歯科がこんないいことしてるよってアピールしたいわけではないんですよ!ほんとに。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください