平時からの口腔健康管理

久しぶりの投稿です。こんにちは!副院長の重之です。

昨今新型コロナウイルスの感染拡大を受け、歯科医療も含めて様々なところに多大な影響がでております。当院も例外ではありません。
先日のスタッフブログにも記載ありましたが、様々な院内感染防止策を講じており、患者さんに感染させない、スタッフに感染させない、歯科医師も感染しない、させないよう努めています。そのためにスタッフとともに定期的に情報を共有しています。

患者さんの中には今回の件で大きく影響を受けている飲食店の方々がいて、大変だというお話を聞き、深刻な問題であることを感じております。

我々もそうですし、一般の方々も関心があるのはどうやったら感染しないようにするか、感染してしまった場合重症化しないかどうかだと思います。

後者の重症化予防には歯周病の管理が重要だと言われています。ウイルスにより免疫反応が一気に高まり症状が現れるウイルス性肺炎、その後におとずれる口腔内細菌による細菌性肺炎という悪化の過程があります。

この口腔内細菌による細菌性肺炎は平時からの口腔健康管理が重要です。現状ですと、積極的に歯科医院へ出かけてくださいとは言えない状況ですが、地域の状況などをみて問題なければ歯科医院に出向き口腔内を清潔にし、それを維持できるような方法などを教えてもらってもいいのではないかと考えております。

歯周病が悪化した状態

吉田歯科医院では基本的には変わらず診療を継続しております。お困りのことがあればご相談の連絡をください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

春ですが…

次の記事

銀歯から白い歯へ