こんにちは。スタッフの菊田です。3月というとなんだか気忙しい感じがしませんか?

そんな時に、私の心を落ち着かせてくれるのが読書なんです。

なかなか、忙しくて読む時間もないんですけど(笑)コーヒーを飲みながら本を読むことが、今の癒しです🎵

私が今の時期に気になるのが本屋大賞です。「全国の書店員が選んだいちばん売りたい本」で選ばれるので面白いのは間違いないと思ってます。

2010年に本屋大賞のことを知って読み、それからチェックするようにしてます。その時に手にしたのが、冲方丁の「天地明察」です。

2010年大賞の天地明察

2016年大賞の羊と鋼の森

2017年からはノミネートされた本の中から、面白そうと思う本を選んで読んで、その本が大賞に選ばれると何か嬉しいんですよね😁2年続けて私が選んで読んだ本が選ばれました。

2017年 蜜蜂と遠雷
2018年 かがみの孤城

そして、2019年にノミネートされている中から今読んでいるのが、瀬尾まいこさんの「そして、バトンは渡された」です。

2019 ノミネート

伊坂幸太郎の「フーガはユーガ」も気になっているので読んでみたいと思ってます。興味のある人は読んで見てください💕

ちなみに本屋大賞発表は4月9日です!