こんにちは。

吉田歯科 副院長の重之です。

吉田歯科医院では治療したその日に歯が完成し、装着まで可能な即日修復治療を実施しています。

通常保険診療で銀歯をいれるとなると、歯を削り、型取りをして、約一週間後に歯が装着するという一連の流れがあります。

保険診療内でも単純なむし歯ですと、樹脂性のコンポジットレジン(以下CR)という材料を用いて当日中に修復することは可能です。しかし、広範囲なむし歯や全部被せる場合などはCRでの修復は困難になってきます。

広範囲なむし歯や全部被せるような場合に吉田歯科では希望される患者さんにセレックという機器を用いて即日修復治療をおこなっています。

この治療は基本的に保険が利かない治療方法になりますが、ただ贅沢な治療方法ということではなく歯を大事にする治療方法と考えていただきたいのです。保険診療では全員に平等な治療が可能になりますが、銀歯の治療をして数年後むし歯が再発するということをよく経験します。このようなむし歯を二次カリエスといいます。

セレックで治療をした場合この二次カリエスの発生を予防しやすくなります。さらに強度もありますし、色は自然な歯の色をしているため機能性、審美性において満足できる治療方法と考えています。

最近のケースです。

①左下奥歯から二番目。IMG_9386

 

②右下一番奥歯。IMG_9335

 

③左下奥歯から二番目は自由診療で作製。奥から3番目に歯(小臼歯)は保険で作製しました。IMG_9480

 

この③のように小臼歯においては保険診療で自然な白い歯を提供できるようになりました。この保険でできる白い歯はこれまで通り型取りが必要な治療方法です。この小臼歯は笑顔になったときギリギリ見える歯なので、そこが銀歯から白い歯に換わることで周りに与える印象が変わってくると思います。

歯は削れば自然に元に戻ることはありませんし、抜いてしまえば二度と生えてきません。このような貴重な身体の一部である歯を守るために吉田歯科医院では最新治療機器の使用や最新の知見を取り入れて診療をおこなっています。