(English follows Japanese)

こんにちは。

副院長の重之です。最近インプラント治療が終わった方がいるので経過を紹介いたします。

元々上の前歯が歯周病や虫歯によってなくなってしまったため部分入れ歯を使用していました。
しかし、お話をするのにとても不便で、いつ入れ歯が落ちてくるのではないかと心配されていました。

そこでインプラントの相談を受けました。そこから診査診断をして計画をたてましたところ、
上の前歯部分の顎の骨がやせてしまっていることがわかりました。写真はミラー像。

インプラント治療で重要なことの一つに「インプラントを埋入する土台である骨がしっかりあること。」があります。
この方はインプラントをするためには大がかりな骨を作る手術が必要でした。
持病もいくつかあったため当院での対応は難しい旨を伝えて、大学病院での診療を勧めました。

ご本人の意志は固く、チャンスがあるならやりたいということでしたから紹介することにしました。
幸い東北大学には知り合った優れた口腔外科医がいたためその方にお任せすることになり、無事に
大手術を終えました。その手術には私も立ち合い見学してスペシャリストの手技を自身の目で確認してきました。

写真はミラー像

その後骨が生着して、インプラント手術を当院ですることになり、そちらも無事に終わらせることができました。
そして、最近インプラントの最終補綴物がはいり快適に過ごされています。

まだ周囲の歯の被せ物の交換や虫歯治療などがあるため完全に治療終了というわけではないのですが、ひと段落しました。
ここでいう治療終了とはあくまで治療としては終了ですが、このインプラントや他の歯をこれ以上悪くしないために定期的な
クリーニングに来てもらうことは必須です。それができない方にはインプラント治療はお勧めしておりません。

 

不慮の事故で歯を失ってしまった場合は別ですが、歯周病や虫歯は小さい頃からの習慣や普段の生活習慣で予防できる病気です。
ここまで歯を悪くしてしまった原因の一つには自身の健康観があります。

その健康観を変えることができなければどれだけ名医にかかったとしても
また悪くなります。

このブログを読んでくださる方々にとって少しでも生活の質を向上させるためにインプラント治療があるということを知っていただきたいのですが、
実は簡単にはできるものではないということも知っていただきたいです。

 

Hi! I’m Shige, vice-director of YDC.

Today I will introduce a case of a patient who has finished a dental implant treatment recently.

 

This patient lost his upper front teeth by cavities and gum diseases, and he had been using partial denture.

But partial denture was uncomfortable and he was worried about them dropping anytime.

So he consulted us about dental implant.  And then I checked and diagnosed that his jawbone was too thin for implant surgery.

One of the important conditions about dental implant surgery is to have a good robust jawbone as the base.

This patient needed a big surgery to form the jawbone.

 

It was difficult for us to do the surgery, because he had other chronic diseases such as heart disease, diabetes, etc.

We recommended that he go to a university hospital.

As he strongly wanted to have the surgery, if he had a chance, I introduced him to the Tohoku University Hospital.

Fortunately, there is an excellent oral surgeon I know at the hospital, where I introduced him for that surgery.

The operation went well and finished without incident.

I observed the surgery and confirmed the techniques as a specialist of oral surgery.

 

Six months later, the jawbone was engrafted well.  The dental implant inserting surgery was done safely in my clinic.

Now artificial teeth of implant were placed and the patient lives comfortably.

 

I can say that the first stage is nearly complete ,but not completely finished,

because we have to change covers of other teeth and treat cavities.

It is indispensable for patients to visit dental clinics for cleaning on a regular basis to keep implants and other teeth.

We do not recommend dental implant for the patients who cannot do that.

 

Except in the case of losing teeth due to accidental injuries,

good habits from childhood and at present can prevent most dental gum and tooth diseases.

One of the reasons to make your teeth bad is your own health awareness.

Unless it is changed, your teeth will get worse again even if you go to a good doctor.

I would like the readers of this blog to know that dental implant can improve your quality of life,

but at the same time it is not very easy to do that