こんにちは!副院長の重之です。

昨晩は高田で7年ぶりというお天王さまがあり、出店などが新しい中心商店街に並び子どもたちと一緒に行ってきました。
わたしが行っていたのはもう20数年前だったのでどんなだったか忘れてしまいましたが、お祭りの雰囲気はやはり楽しいですね。

子どもたちも喜んでいました。

 

さて、吉田歯科では以前から吸着義歯という外れない入れ歯の作製に取り組んでおります。
最近その精度があがってきて先日も装着したときにばっちり吸着してスタッフでは簡単にはずせない入れ歯が出来上がりました。

同意を得て動画を撮影させてもらいブログへの投稿にも協力してもらいました。

このようになかなか外せないんですね。こういう入れ歯で何が良いかというと

〇話しているときに浮き上がらない。

〇自分の歯のように咬める

〇硬いものも咬める。です。

ほかの患者さんではイカを食べることができたといって喜んでいました。
高田の人に限ったことではないのでしょうけど、前歯が無くなって入れ歯の患者さんでお困りなのが
トウモロコシなんですね。

トウモロコシを前歯で咬んで食べたい。。。しかし、入れ歯が落ちて結局トウモロコシの芯から
こそぐように切って小さくして食べている。

みなさん悲しそうにおっしゃいます。確かに入れ歯ですと前歯に少し隙間をつくります。
なので食べづらいことは否めませんが、
このように少しでも入れ歯が動きづらいともしかしたら咬めるかもしれませんよね。

私が入れ歯についていろいろ教えていただいている先生の作る入れ歯はリンゴを丸かじりできます 😯

うちの義歯はまだそこまでの域には達していませんが、そこを目指してますます頑張っていきたいと思います!!