吉田歯科医院では副院長が以前より東北大学へ研修へいき、
この6月より日本口腔顔面痛学会の認定医を取得いたしました。


日本口腔顔面痛学会HP: http://jorofacialpain.sakura.ne.jp/

対象疾患としては

1)顎関節症(顎が痛い、口を開けると音がする。口が開けられない、閉じられない。顔や頬が痛い)

2)非歯原性歯痛(歯が原因ではない歯、口腔内の痛み)
例)上顎洞炎による痛み、帯状疱疹後の痛み、舌痛症、神経障害性疼痛、三叉神経痛など

3)頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛など)
顎関節症と頭痛が混在している場合があります。
頭痛は診断のみ、歯科で対応できる疾患かそうでないかの判断のみです。
診療は専門医療機関へ紹介させていただきます。

上記疾患の診断と歯科で対応できる範囲の治療を実施しています。