こんにちは。副院長の重之です。
先日適合性の高い義歯を装着した患者さんがいました。

口腔内の環境改善に意欲的で、だいぶ歯は減ってしまってはいますがこれ以上悪化させないようにということで
良質な歯科治療を求められました。

保険でつくる入れ歯よりも快適で、見た目も自然な状態を目指したいということで
いろいろ計画をたてこのようになりました。

術前)

保険義歯装着時)

最終金属性義歯装着時)

装着した感想は「すごく自然だ」ということでした。保険の義歯で感じていた厚みや動揺が少なくなりよく噛めそうだ。ともお話していました。
あとは実際に食事をしていただきその感想をきいて今後調整が必要かどうかを判断していきます。

残っている前歯との見た目も自然になり前歯だけをみると義歯が入っていないように見えます。
歯を支える針金は奥歯の見えない位置にのみ設置しました。

義歯の比較写真)

上から見た限りでは大きさはあまり変わらないのですが、やはり厚みが違うと感覚も大きく違うようです。
当院ではこのような義歯を義歯専門の技工士さんに依頼して作製していただいてます。

 

歯を失ってしまった場合の選択肢は数多くあります。各種治療方法を用意してあるのでいつでもご相談ください。
相談の中でその方にあった方法を探して検討していきます。